« 常念岳 | トップページ | ひさしぶりの筑波山 »

2011年10月13日 (木)

安達太良山登山記

先月9月13日「登山ですか?」の記事に書いたように、往復430キロで2時間弱の登山で撤退・・・というのがありました。

まあ、もともと時間に余裕がなかった(12時すぎに登山開始、6時までには家に帰らなければならないと言う無謀な計画&行動)でしたから、しょうがなかったかもしれませんが、その時は山登りに飢えていたんですよ・・・きっと(゚Д゚;≡;゚д゚)

で、今回はそのリベンジです!

計画もばっちり!ちやんと11時には前回と同じ沼尻登山口に到着しました(あんまり変わらないんじゃ・・・)

さあっ、着替えて出発だぜっ!

着替え・・・て・・・あれ?・・・・・・・


ゲッ! タイツ わすれた!!


これは困った。いつものように膝下パンツにタイツと言うスタイルの予定でいたんですが、タイツがないと膝から下は生足出して歩かなければいけません。
真夏ならなんとかなっても(夏でもダメだろ)もう秋真っ只中、さらに今日は風が強いです。下草とかで足も傷だらけになるだろうし・・・。


う~む・・・(どうする?)


まっ!いいか!(いいのか?!)


出発です!(おいおい)




結局、はいてきたユニクロのズボンで強行です!

これ、ユニクロのパンツとかかっこいい名前じゃなくて「ずぼん」ですよ。1990円だか2990円で買った奴です。
本当は普段から、パナこにょごにょとかノースなんとかのウン万円もする速乾性のある高機能パンツを履いていればいいんでしょうけど・・・貧乏だからなぁ、しょうがないよなぁ。

あああ、頂上に付く頃には下半身ムレムレなんだろうなぁ(泣)

でね、ユニクロの「ずぼん」に登山靴ならなんとかなるんでしょうが、履いてるシューズがコンチネンタルデバイドですから、なにやら悲しいくらいに不釣合いなんですよ。
トレイルランっぽいシューズにユニクロの「ずぼん」ですからね~・・・
おまけにザックもスカスカで薄いですから、余計にユニクロの「ずぼん」が浮くわけですよ。

で、ザックは持ってきたダウンを入れて無意味に膨らませて(笑)普通の登山オヤジに成りすまします。足元はもうしょうがないですけどね。

え?なりすまさなくても、フツーに登山オヤジだろって?

ごもっとも!!!


と、最初から「ヤレヤレ」な展開ですが・・・・


ほれ!登り始めてすぐこの紅葉。

これはもうリベンジ完了と言うことでいいんじゃない?がっはっは!

とはいかないですから、えんやこら登りますよ。




あっ!鮮やか過ぎる!(゚Д゚;≡;゚д゚)



このコースは序盤が結構苦しいというか、急登がおもいのほか続きます。で、前回同様、汗だくになって登っていくと・・・


こんな場所を通って、さらに森の中をさくさく登って・・・




前回の撤退場所まで到着!

ここからは未体験ゾーンに突入ですよ。



おおっと、さっそく大好きな稜線に出ましたよ。
私、きっと生まれは稜線星じゃないか?ってほどの稜線好きでして(なんじゃそりゃ)もうね、ヒーコラいいながら登ってきての最高のプレゼントですよね・・・稜線歩きってさ。



火口の沼の平の眺めが物凄いです。この周りをぐるっと一周して回るのが今回のコースになっとります。





こんな場所も歩くにはいい感じですよ。
お?ユニクロの「ずぼん」意外といい感じじゃないの?




で、トラバースしながらこんな場所も通って・・・
う~ん、さまになってきてるぞ!ユニクロの「ずぼん」





またまた、スリルある稜線歩きになります。





こわっ!

これ、足の先は影がビローンって伸びてますけど、太陽はほぼ真上からですから・・・・・

そう、足の先50センチほどからは何百メートルも急激に落ち込んでますよ。(゚Д゚;≡;゚д゚)

なんとなくビビッて撮影してるのが、影からでもわかりますな。



このあたりまで来ると、風が物凄く吹いてきまして寒いです。左に見えるのは池かな?このまま正面に見える山を目指します。
もうまったく違和感がないぞ!ユニクロの「ずぼん」(おいっ!)



ちょっと登って、振り返ったの図。池がきれいですな。





これから通る稜線が見えます。その向こうにに見えるとんがった山が安達太良山の頂上です。




って、おいっ!

これ、写真が曲がってるわけじゃなくて(あ、ちょっと曲がってるかな?怖くて撮影が・・・)登山道自体が右に傾斜しているんですよ。
おまけにズルズル滑るんですよ・・・いい感じに(笑)

トレランだぜっ!とか言ってランシューはいてたりしたら、もう渡れないんじゃないかってくらい怖いですよ。



で、頂上から左に折れて、くだってきました。このくだりもズルズル滑って怖かったです。それにしても、この沼尻登山口からのコースは人に会いません。紅葉のいい時期なのに、まだ3人(二組)としかすれ違ってないですから。




で、安達太良山山頂ですな。

このあたりは、今までとうって変わってロープウェイからの登山者がわんさか押し寄せてる関係で、物凄い混雑でした。

ここでゼリーを飲んでエネルギー補給!

とっとと、山頂を後にして先に進みます。

でもね・・・ロープウェイからの登山者って何か変なんですよね?

何が?って、まずザックが無駄にデカイ!

スポーツ店や、登山道具やさんで買うのに、ちょっと大き目の買っちゃうっていうか「どうせなら山小屋に泊まれるようなサイズがいいですよ」とか言われちゃって、買ったはいいけどそこまで自動車で来て、ロープウェイですから防寒着くらいしか入れるものがなくて、寒いからその防寒着もきてるわけで・・・・・

デカイザックがぺったんこですよ!(゚Д゚;≡;゚д゚)

それと何故かその防寒着が似合ってない(ほっとけって?)

さらに、歩き方が・・・・・変!

登山する人達って、登ってる時とかくだってるときとか腰を低くして安定して歩くじゃないですか。ところが、この人達ときたら・・・

ほとんど棒立ち歩きなんですよ。この辺の街をあるくのと同じような感じなんで、見ていてもちょっと怖い感じがします。

とまあ・・・・・・・

そんなこと・・・・・・・


ユニクロのズボンに変なトレイルシューズで・・・


無駄にダウンいれて膨らませたザック背負ってる


奴に言われたくないですよね(おいおい)




そう、こんな奴ですよ!(自爆)




なんて、アホな言ってないで、そろそろ下山しましょうかね。
写真はロープウェイの人達が見てきたと思われる紅葉です。こちらも綺麗ですね~。




私は最後にこの山(鉄山)超えて、下山コースになります。




途中に立派な避難小屋があったりします。ここ泊まっても快適なんじゃねーの?





下山は、この紅葉の中の斜面をくだっていきます。





途中、「へ?ここくぐるの?」的な穴を通っていきます。ザックを背負ったままでは当然通れませんです。




最後まで綺麗な紅葉が楽しませてくれます。いい山ですなぁ~。




と、誉めたと思ったらこれだよ・・・・・

こわいですよ・・・滑るって~の!
山側に体を寄せながらなんとか歩きましたよ。




こんな場所(沼尻温泉の源泉ですな)まで下りてくれば、くだりは終了・・・あとは駐車場まで歩くだけです。




露天風呂にして入れそうな場所が何箇所かありました。ネットで見ると、実際入りに来ている人がいるようです。




こんな感じ・・・ほかほかしてましたよ。




このパイプで沼尻温泉まで温泉を送っているようです。パイプも触るとほかほかでした。




何気なく渡って振り返ると・・・・・

なんだかグラグラすると思ったよ!(゚Д゚;≡;゚д゚)




駐車場に到着!

お疲れ様でした!おれ(笑)

安達太良山に登るなら、この沼尻登山口からが最高ですよ!
今回は撮影だけで、ほとんど休憩無しで4時間ほどで帰ってこれましたから、ゆっくり回っても5時間くらいじゃないでしょうか?
給水はアクエリアスの500mlが余りました。

おすすめです!

あ、それと肝心なユニクロの「ずぼん」について書くの忘れてました。

今日は風が物凄く強かったですけど、暖かくて・・・そんなにムレムレにもならなかったですし、ちょっと重いですけど・・・



全然、問題ありませんでしたよ!ユニクロの「ずぼん」!



注)私はユニクロの回し者ではありません(笑)

|

« 常念岳 | トップページ | ひさしぶりの筑波山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106024/52983779

この記事へのトラックバック一覧です: 安達太良山登山記:

« 常念岳 | トップページ | ひさしぶりの筑波山 »