« 2008年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2008年9月

2008年9月12日 (金)

八方尾根から唐松岳へ




いやぁ~・・・何ヶ月ぶりの書き込みでしょうか?

隠れブログには何回か愚痴などを書いてましたが(笑)こちらの本ブログは久々です。

春先からの腰痛で走るのはおろか、歩くのさえも辛かったんですが、9月になり1時間のウォーキングではさして痛みを感じず歩けた事もあり、10日の水曜日に北アルプスの八方尾根を歩いて(登って)きました。

しかし、落ちた体力&増えた体重・・・ウォーキングも1時間で5キロほどと、どこまで行けるかわからない不安を抱えたままで、夜中の1時、家から5時間かけて270キロ先の登山口まで車を走らせます。
さらに、夜の7時には用事があるので、それまでにまた5時間かけて帰ってこなければなりません(あほか!)

・・・って、その時点で腰はだいじょうぶなのか?ボロボロになるんじゃねーのか?



で、6時には白馬手前の休憩所に到着。ここは駐車場も広くてトイレも超キレイでオススメです。天気は最高!1年ぶりの北アルプス白馬岳が美しく輝いていますよ。





出発は黒菱平に車を駐車して、リフトで楽々・・・・
え?今シーズンはここからのリフトは営業してませんってか?

ふん、時間は6時30分・・・どうせ動いていても8時からだから、本当は関係ないんですよ。

あ、帰りが・・・・・





とにかく激坂をえっちらと登ります。





うおおおおおおっ!この角度っ、辛いぜっ!





激坂を振り返ります・・・うほっ!いい眺め!





長野オリンピックの会場だったんですね。
ここでも美しい白馬岳が見えます。





ちょっとした湿原があり、このあたりを散歩するだけでも十分景色を楽しめます。食事が出来るレストランとキレイなトイレがあります。





ここからもリフトがあるんですが、やはり運転開始は8時すぎですので、リフト脇の登山道を黙々と登ります。





すでに汗だくです。やっとこさリフトの最終地点に到着です。
ここからはさらに美しい景色を眺めながらの登山を楽しめるはずです。





白馬岳を右に、五竜岳を左に登山道を歩いていきます。





しょっぱなから、こんな稜線もどきの道を歩けるのも、ここの人気の秘密なんでしょうかね?この先の八方池までは普段着のカップルや小さい子供など、色々な人が歩いていますよ。





歩くほどに大きくなっていく白馬岳は何回見ても感動物です。





八方池、ここもキレイですね~

さ、ここからは本格登山になります。

が、体力はそろそろヤバイ雰囲気になってきました。まだイケルような気はするが、そんなに余力はないですよ状態ですかね。





とは言え、歩ける喜びと最高の天気&景色で足は自然と前へ前へと進んでいきます。





途中の雪渓で休憩しました。朝食を食べて元気をつけます。それにしても暑いです・・・すでに500ミリのアクエリアスが無くなりました。





しかし、こんな美しい登山道を歩いていても、体力の限界がきました。もう、腰の違和感なんか忘れてしまうほど、足全体が痛み出しました。





白馬岳から続く稜線がここまで大きくなって、唐松岳まであと少し(多分10~20分くらい)まできて、とうとう限界が来ました。
捨て身になって登りつづければ、行けないことはないんですが、ここまで3時間歩いてきて、これから下山しなければならないことを考えここで撤退ということにしました。

去年は、やはり日帰りで唐松岳はおろか五竜岳まで行って帰ってきたのにな~・・・体力の無さを痛感しました(涙)





その後は、痛い足をかばいながらボロボロになりながら下山して、昼頃に駐車場着・・・7時前には家に帰れました。

腰の痛みが心配でしたが、腰の痛みを忘れてしまうほど足の痛みに苦しんだ登山でしたが、ひさしぶりの体力勝負&気持ちい登山で大満足でした!

腰は今でもやっぱり痛いですが(笑)



それで、話はかわってこのブログなんですが・・・

ブログ自体はココと隠れ家(?)含めて残しておきますが、これからは更新は無いと思います。
ちょっと私生活も仕事も忙しくなってきたので、そちらに集中する事になるのが原因です。

腰が治って走れるようになったとしても、しばらくは大会参加はしないつもりですし、シリアスランナーはお休みにします。

が、たまにくだらない記事を気紛れでアップするかもしれませんが(笑)

そんなわけですので、ひとまず今までこのブログを見てくださった皆様、本当にありがとうございました!

いつか復活してまたバリバリくだらない記事を書けるように頑張りますので、そのときまでお元気で!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2010年8月 »