« 明日は30キロ走(歩?) | トップページ | 常念岳~大天井岳~燕岳 日帰り縦走(後編) »

2007年9月27日 (木)

常念岳~大天井岳~燕岳 日帰り縦走(前編)




題名からは、すべてピークを踏んだような題ですが、すべてピークは踏んでいません(^^;
今回は縦走がテーマなので、ピークにはこだわりませんでした。というか、ピークを踏む体力があるかどうか?特に常念岳は常念小屋から往復1時間はかかりますから。まあ、燕岳は昨年登ってるし、常念岳は先日登りましたからね。

ルートは・・・
一の沢常念岳登山口~常念小屋~横通岳~東大井岳~大天井荘~燕山荘~中房温泉~(バス)~しゃくなげ荘~(ジョグ7キロ)~一の沢常念岳登山口

です。ポイントはバスの時間としゃくなげ荘からの7キロジョグでしょうか?疲れた身体で最後の7キロは大丈夫なのか?
バスの時間は中房温泉発が1時5分と3時55分なんですが、さすがに1時5分発は厳しいかな?

深夜12時30分に自宅を出発、今日もGOAチン仕事号は快調です。4時頃にお腹が空いたので、すきやで牛丼を食べます。
登山口には5時すぎに到着・・・まだ薄暗い中を着替えて、すっかり明るくなった6時にスタート!



スタートの一の沢登山口は昨年の大雨で道路が崩れたため、今月いっぱいまで工事中です。そのため正式なヒエ平の登山口までは5キロほど林道歩きになります。



最初の10分ほどはウォームアップも兼ねて歩き、それから軽くジョグします。水1リットル、雨具、着替え、食料などが入ったザックが重いです。
体も温まってきて、快調にジョグしてたら、前を歩いていた猿に追いつきそうになりました(笑)猿は迷惑そうな顔をしながら道路脇の林に消えていきましたが。



崩れた箇所が3カ所ほどありましたが、ほぼすべて工事完了してました。10月1日からは車も通れるようになるようです。



正式な登山口・・・ここまで5キロの林道歩き(走り?)でした。スタートから47分、6時47分です。トイレと登山指導所がありました。



登山道は、最初は筑波山のマイナールートを思わせるような暗い道でしたが、基本的には傾斜の緩やかな明るい森の中の道です。



で、途中から頻繁に沢に出るようになり、何回か沢を渡りながら段々険しくなってきます。



今日のスタイル・・・帽子&サングラス、エクステラのTシャツ、アームウォーマー、手袋、ロングタイツ、海パン(笑)、コンチネンタルディバイド、タロン22・・・まだまだ元気な序盤です。



登山口から2時間3分、スタートから2時間51分で常念乗越に到着です。前回の常念岳~蝶ヶ岳登山と違い、今回はガスのガの字もありませ~ん!ばかっ晴れです!槍もばっちり。



こ~んな感じ

さらズームで・・・・・・・・・


おりやぁ~っ!左に槍ヶ岳山荘まで見えるし!
ブーッ!`;:゙;`;(゚ω゚`)
デジカメのズームでここまで見えるんですから、肉眼での美しさったらないですよ!いやまじで。



そんな槍ヶ岳に感動しながら、常念岳方面を見ると・・・ありゃ、ここからじゃ頂上は見えないのね。まあ、今回は登らないからいいですけど。



と、思ったら横通岳への登りが予想外にキツイですよ。まあ、そうだよな300mほど登るんだから当然か?



横通岳より登ってきた方面を振り返ります。おおっ、やっと常念岳の頂上が見えましたね。



この天気なら、当然この山も見えるでしょう・・・なんでも初雪を観測したとか?富士山です。



このあたりから「お楽しみ?」のトレイルが始まります。しかし、この時点ですでにヘロヘロというか、景色ばっかり見てたというかで、ほとんど歩いてましたよ(^^;



と、言いつつも、走れ~~~っ・・・・・。
完全なヤラセ写真ですな(笑)



どうよ?このヨダレが出そうなトレイル・・・・・最高でしょ?



でも、登りはやっぱりきついですよ。

てな感じで、ハードな縦走計画にもかかわらず、予想外の晴天&展望と気落ちのいいトレイルで、気分は最高でした。

が、スタートから、そろそろ4時間ほど・・・体はそろそろ疲れてきたかも?

後編に続く

|

« 明日は30キロ走(歩?) | トップページ | 常念岳~大天井岳~燕岳 日帰り縦走(後編) »

コメント

アルプスの絶景は走ったんじゃもったいないですよ。
ゆっくりハイキングが気持ちいいんですよ。

んなことしてたら、こんな強行日帰り登山はできないって?
次は誘って下さいよ。(^o^;

投稿: k親子 | 2007年9月28日 (金) 07時59分

最高の天気で良かったですね。
私は尾根歩きが一番好きです。そこまで上がるのが大変ですが、流石にアルプスの尾根は高くて長いし眺めが素晴らしいですね。
近くにこんな感じの山があれば良いのにね。

投稿: memory5001 | 2007年9月28日 (金) 09時35分

すごい日程ですね。私では絶対、無理です。
よく眠くならないですね~。
でも、一度見てみたい景色です。。。一度見たら止められないかも。
天気が良かった様ですが、悪いときはチョー怖そうです。雷なんか鳴っていたら、逃げ場が無いですよね。
やっぱり、金属類は避けた方がいいんですかね。
いつかは、一緒に行って見たいのでその時はよろしくお願いします。

投稿: まる | 2007年9月28日 (金) 13時05分

(k親子さん)

ほんとに快晴&絶景のアルプスで、何やってんだか・・・ってなもんでした。勿体無いにも程がある!と言えるでしょう(笑)
でも、こうゆうスタイルも楽しいんだな。来月は紅葉見にアルプス行きましょうか?

(メモリーさん)

ほんとアルプスは遠いです。長野県の人が羨ましかったりしますが、遠いし高いから感動もひとしおなんでしょう・・・と、思いながらヒーコラ登ってます。

(まるさん)

凄い日程でした(笑)
アルプスの展望は、病み付きになりますよ。自分で写真つきのレポートを書いておきながら、なんですが、写真では伝わらない空間がアルプスには味わえます。
雷は稜線でなったらかなり危険でしょうね。金属類は最近の研究では関係ないようですよ。
いつかは一緒・・・じゃ、来月の紅葉あたりどうですか?みんなで運転交代しながら行けば、楽ですよ(^^;

投稿: GOAチン | 2007年9月28日 (金) 15時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106024/16590675

この記事へのトラックバック一覧です: 常念岳~大天井岳~燕岳 日帰り縦走(前編):

« 明日は30キロ走(歩?) | トップページ | 常念岳~大天井岳~燕岳 日帰り縦走(後編) »