« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月28日 (金)

常念岳~大天井岳~燕岳 日帰り縦走(後編)


歩いてきたトレイルを振り返って・・・


4時間行動して、立ち止まって給水とか、写真撮影以外の休憩は無し・・・さすがに疲れてきましたが、あと少ししたら・・・もう少ししたらと、このあとも休憩しないで先を急ぎます。
ちょっと考えればわかるんですが、これだけの天気で、結構な運動量、給水&補給の重要性は基本中の基本のはずでした。

しかし、ここまで補給無し、水はアクエリアスを300mlほどしか飲んでませんでした。


それでも、遠くに今回の縦走の最終地点の燕山荘が見えると、自然と足が軽くなります。




穂高の山々もはっきり見えてきました(*´Д`*)




ず~~~~~~むあっぷ!おおっ、見える見える!




大天井岳と大天荘が見えてきました。




ここまで4時間42分経過・・・時刻は10時42分です。最低通過時間の12時前にここまで来れたので、この先に進みます。大天荘でトイレ休憩&給水、ここで500mlのアクエリアスを飲み終えました。写真は、大天荘からの激下りから見た、これから進む縦走経路です。




だいぶ下ると、槍ヶ岳へ向かう分岐があります。槍ヶ岳も今度行きたいですな・・・もちろん日帰りですけど(^^;




梯子も見えます。このあたりから岩も出てきました。今までのトレイルっぽい道とは違い、尾根歩きが多くなります。




梯子を登った先で、やっと休憩&昼飯にしました。乾き物(?)は重量も荷物にならなくていいんですが、暖かいラーメンとか食べれたら、幸せなんだろうな~・・・と思いながら、来年はバーナーとコッヘルを買おうと心に誓いました(^^;

食事をしていると、品の良さそうな中年夫婦に「今日はどちらから?」と聞かれたので、「一の沢から登って、燕岳まで行って、中房温泉からバスで、それからジョグで7キロ・・・」とか説明したら、驚いてました(^^;・・・というか、ほとんど呆れて笑ってましたよ、ええ。




北アルプスの山々を眺めながら、天上の散歩という気分で歩いていきます。あまりにも勿体無いので、このあたりから急ぐのは止めました。ゆっくりいってもバスの時間は余裕だしね。




大天井岳からの激下りを振り返ります。こっちから縦走してきたら、あれ登るのきついだろうな~。




走れないことも無いですが・・・もう走りません(笑)




そろそろ、ちょっとした登りでも辛くなってきました。




紅葉も綺麗でしょうな・・・来月も来ようかな?




ん・お?前方に大きな岩が見えてきました。




蛙岩(げえろいわ)です。蛙には見えませんけど・・・どうなんでしょ?



今回の縦走の最終地点、燕山荘が見えてきました。あとは中房温泉までくだるだけです。そのあと7キロのジョグが最後に待ってますけど・・・。




燕山荘、こちらは後姿(?)ですが、前から見るとかっこいい建物なんですな。



燕岳です。スタートから6時間55分、時刻は12時55分。時間的には十分登って帰ってくる余裕はあったんですが、このあたりから頭痛がしてきたりして、体調が悪くなってきたのでパス・・・とっとと下ります。




頭痛の原因は「高山病かな?だったら下っていけば直るな」と思っていたんですが、下れば下るほど体調は悪くなっていきます。頭はガンガン、寒気はするわ、冷や汗は出てくるわで・・・ちょっとやばいです。

そう・・・脱水&熱中症のようです。

7時間近い行動時間にも関わらず、水分消費は700mlほどしかとりませんでしたが、しかしトイレは3回行ってます。いかに水分が取れていないかわかります。
さすがにまずい思ったときには、遅かったようで、休憩してチョコレートと給水しますが、体調は悪化する一方でした。これから7キロじょぐして、家まで5時間運転して帰れるのかよ?



で、ボロボロになりながら、1時間40分で中房温泉まで下山。スタートから8時間35分、2時35分です。バスの時間は3時55分なので、写真のバス入り口から見えるバス停の地べたでバスが来るまで寝てました(笑)
と、3時30分頃にはバスが到着して、今度はバスの中で出発までひたすら寝てました。それから3時55分にバスは出発しましたが、あいかわらず寝てました(^^;

で、バスを降りるしゃくなげ荘には4時35分到着。ここからが問題の7キロジョグ区間です。
ひたすら寝たのがよかったのか、体調はすっかり回復しました。最初はゆっくり歩いてましたが、5時頃になるとさすがに薄暗くなってきたので、ジョグに切り替えます。


前半の3キロほどは山とは並行に移動しますから、いいんですが、途中から山へ向かう道に右折すると、段々傾斜がきつくなってきます。辛くて、ジョグしながら唾をはく・・・ん?はく・・・と

出ません∑(゚Д゚;)

水分が足りないようです・・・やっぱ脱水だよ・・・あわてて残りの水分を全て飲み干しました。結局、1リットルの水分しか使いませんでした。



時刻は5時30分あたり・・・森の中の道はすでに薄暗くなってきました。傾斜が激しくて、もう走る気力もありません。写真は明るく写ってますが、実際はかなり暗いです。

バスを降りて歩き出してから、すでに1時間すぎてあたりはすっかり暗くなりました。駐車場まであと100mほどでしょうか?やっと着いたよ~と思った、その時・・・前方に明らかに人間とは違う影が道路の真ん中にありました。

熊?にしては・・・形が違います・・・大きい猿です。

ソイツは道路の真ん中でコチラを睨みながら、なんとも言えないような声をだして威嚇してきました、その距離50mほど。

勘弁してくれよ~・・・これじゃ通れないですよ。その場で、後ずさりしながら、もし襲ってきた場合を考えてザックを静かに下ろして準備します。と・・・

道路の左から右へ10数匹の猿の群れが移動していきます。道路を渡り右の林の中に次々と消えてゆく猿達・・・すると、こちらを睨んで威嚇してきた猿も、右の林の中に消えていきました。

たすかったよ~(*´Д`*)



駐車場・・・写真じゃ明るく見えますけど、林道は真っ暗でしたよ(涙)いつの間にかテントとか張ってる人もいました・・・猿がいるんですよ、大丈夫かな?

朝の6時にスタートして、夕方の6時にゴール・・・合計12時間の冒険(?)は終了しました。辛かったけど、楽しかった山行でした。給水&補給の重要性を考えさせられた山行でした。
でも、今回の行程が達成できた事で、また別のコースへの挑戦も考えられるかな?と、ちょっと楽しみです。
まあ、これからはさらに日も短くなりますから、来年また別のコースに挑戦してみたいと思います。

帰ってから、脱水ですから、ビールを浴びるほど飲んでしまいました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

常念岳~大天井岳~燕岳 日帰り縦走(前編)




題名からは、すべてピークを踏んだような題ですが、すべてピークは踏んでいません(^^;
今回は縦走がテーマなので、ピークにはこだわりませんでした。というか、ピークを踏む体力があるかどうか?特に常念岳は常念小屋から往復1時間はかかりますから。まあ、燕岳は昨年登ってるし、常念岳は先日登りましたからね。

ルートは・・・
一の沢常念岳登山口~常念小屋~横通岳~東大井岳~大天井荘~燕山荘~中房温泉~(バス)~しゃくなげ荘~(ジョグ7キロ)~一の沢常念岳登山口

です。ポイントはバスの時間としゃくなげ荘からの7キロジョグでしょうか?疲れた身体で最後の7キロは大丈夫なのか?
バスの時間は中房温泉発が1時5分と3時55分なんですが、さすがに1時5分発は厳しいかな?

深夜12時30分に自宅を出発、今日もGOAチン仕事号は快調です。4時頃にお腹が空いたので、すきやで牛丼を食べます。
登山口には5時すぎに到着・・・まだ薄暗い中を着替えて、すっかり明るくなった6時にスタート!



スタートの一の沢登山口は昨年の大雨で道路が崩れたため、今月いっぱいまで工事中です。そのため正式なヒエ平の登山口までは5キロほど林道歩きになります。



最初の10分ほどはウォームアップも兼ねて歩き、それから軽くジョグします。水1リットル、雨具、着替え、食料などが入ったザックが重いです。
体も温まってきて、快調にジョグしてたら、前を歩いていた猿に追いつきそうになりました(笑)猿は迷惑そうな顔をしながら道路脇の林に消えていきましたが。



崩れた箇所が3カ所ほどありましたが、ほぼすべて工事完了してました。10月1日からは車も通れるようになるようです。



正式な登山口・・・ここまで5キロの林道歩き(走り?)でした。スタートから47分、6時47分です。トイレと登山指導所がありました。



登山道は、最初は筑波山のマイナールートを思わせるような暗い道でしたが、基本的には傾斜の緩やかな明るい森の中の道です。



で、途中から頻繁に沢に出るようになり、何回か沢を渡りながら段々険しくなってきます。



今日のスタイル・・・帽子&サングラス、エクステラのTシャツ、アームウォーマー、手袋、ロングタイツ、海パン(笑)、コンチネンタルディバイド、タロン22・・・まだまだ元気な序盤です。



登山口から2時間3分、スタートから2時間51分で常念乗越に到着です。前回の常念岳~蝶ヶ岳登山と違い、今回はガスのガの字もありませ~ん!ばかっ晴れです!槍もばっちり。



こ~んな感じ

さらズームで・・・・・・・・・


おりやぁ~っ!左に槍ヶ岳山荘まで見えるし!
ブーッ!`;:゙;`;(゚ω゚`)
デジカメのズームでここまで見えるんですから、肉眼での美しさったらないですよ!いやまじで。



そんな槍ヶ岳に感動しながら、常念岳方面を見ると・・・ありゃ、ここからじゃ頂上は見えないのね。まあ、今回は登らないからいいですけど。



と、思ったら横通岳への登りが予想外にキツイですよ。まあ、そうだよな300mほど登るんだから当然か?



横通岳より登ってきた方面を振り返ります。おおっ、やっと常念岳の頂上が見えましたね。



この天気なら、当然この山も見えるでしょう・・・なんでも初雪を観測したとか?富士山です。



このあたりから「お楽しみ?」のトレイルが始まります。しかし、この時点ですでにヘロヘロというか、景色ばっかり見てたというかで、ほとんど歩いてましたよ(^^;



と、言いつつも、走れ~~~っ・・・・・。
完全なヤラセ写真ですな(笑)



どうよ?このヨダレが出そうなトレイル・・・・・最高でしょ?



でも、登りはやっぱりきついですよ。

てな感じで、ハードな縦走計画にもかかわらず、予想外の晴天&展望と気落ちのいいトレイルで、気分は最高でした。

が、スタートから、そろそろ4時間ほど・・・体はそろそろ疲れてきたかも?

後編に続く

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月25日 (火)

明日は30キロ走(歩?)

みんなそろそろフルマラソンの練習などで、長距離走を走っています。が、私は山ばっかで長距離走はやってないんです。
一応、明日も北アルプスへ登山の予定でしたが、さすがにそろそろ距離走もやらないとなぁ~、などと思ってたりするんで・・・・・。

どうせならと登山と距離走のミックスでいこうかと計画しました。

下の地図は北アルプス、常念岳~燕岳あたりなんですが、赤い線の下の、常念いこいの広場からスタートして、一の沢~常念乗越~大天井岳~燕岳~中房温泉と経由、中房温泉からはバスで黄緑のラインで、しゃくなげ荘まで(1200円)、しゃくなげ荘からは、スタート地点まで7キロほどジョグという計画です。

常念岳~大天井岳~燕岳の縦走コースは比較的アップダウンも少なくて、トレイルラン出来るような場所もあるらしいので、距離を稼ぐには良いコースですが、天候、時間によってはスタート地点にピストンかもしれません。一応、大天井岳に12時までにいけなければ戻る予定です。

写真はクリックで拡大します。

これで全工程30キロほどになります(バスのぞく)
最終バスの時間が3時55分なので、そのあたりの時間が読めません。まあ、どうにかなるっしょ(゚∀゚)

P10002381_3

| | コメント (4) | トラックバック (0)

300キロへの道

久しぶりに今月は届くかな?ってな感じです。
6月に306キロ走って以来ですかね・・・
7月は107キロ、8月は175キロでしたから。

まあ、あんまり距離にこだわってもな~って、最近考えが変わってきました。むしろ内容の無い距離ばかりじゃ意味が無いですからね・・・
と言いつつ
「それじゃ~おまえの練習に内容はあんのかっ!」
ってことですが・・・・・

ないよう・・・

えっ?

(゚∀゚)ふんっ!

まあ、そんなことはいいとして・・・


練習を終えて、次はどこの山登ろうかなと検討中であります(おいおい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

そろそろマラソンシーズンですか?

最近、山ばっかで、ランの方は日々ダラダラと距離を重ねてたりします(^^;
で、当然、記録うんぬんとかの気持には全くならないわけで・・・まあ、人生色々ですから、こんな時期があってもいいんじゃないでしょうか(おいおい)

しかし、水曜日の向野Gに来れば、頑張らないわけにはいかなくなります。今週も沢山のメンバーが集まって、ほぼ全員ポイント練習という賑やかさですから!

まず9キロほどビルドアップ・・・5分30秒くらいから上げていきましたが、45分ほどなので、たいして上がらなかった?

その後は200m×15インターバル、最初は36秒くらいでしたが、最後は39秒まで落ちました('A`)つなぎはバラバラ(笑)

さすがに疲れました・・・。


その後は、ランパン&ランシャツでアルプスへ(うそうそ・・・)



暗闇で、こんな人が追いかけてきたら恐いですよ(笑)
てか、その両手はなんだ?(^^;

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

常念岳~蝶ヶ岳 登山記

世間は3連休の真ん中、私は休みではないんですが、先週の水曜日に天気が悪くて山にいけなかったのと、今週の水曜日は仕事で山にいけない・・・との思いと、長野方面の天気予報がよい方向に変わった事もあって、16日行っちゃいました。

場所は常念岳~蝶ヶ岳、もちろん日帰り!∑(゚Д゚;)

この常念岳は、自分が最初に行きたいと思ったアルプスの山なんですが、昨年は春先の大雨で登山口の三股までの林道が崩壊して、車が通れませんでした。車を手前に止めて、林道を5キロほど歩けば、登山口までは行けたんで、林道はジョグして・・・とか思ったんですが、ロングコースということもあり躊躇してました。しかし、9月1日には復旧工事が終わり三股登山口まで車が入れるようになったのです。

夜中の1時出発!今回はちょっと早いです。と言うのも、天気が好転したとは行っても、現地にいくまではわからなので、ほかの山に移動があるかも?的な作戦でした・・・候補は、鹿島槍ヶ岳、燕岳、ちょっと離れて笠ヶ岳あたりです。

連休だからでしょう、道路も比較的空いていて、登山道入り口のある三股駐車場には5時30分頃到着。


三股駐車場、常念岳は雲で見えない・・・あああ、前回の爺ガ岳の山行が頭をよぎります。

朝食のサンドイッチを食べて、トイレを済ませ、着替えて6時に出発です。



最初は林道を800mほど歩きます。行きは良いんですが、帰りはこの800mがききます('A`)



登山口に到着、ここで登山届けを出せます。トイレもあります。



今回のコース。三股~常念岳~蝶ヶ岳~三股、というコースで行きます・・・ん?コースタイムが合計で14時間30分ですか?そうですか・・・まあ、いいでしょう(おい)



ん?今回もこれですか?∑(゚Д゚;)はいはい、頑張って鈴を鳴らしながら登りますよ・・・最近は獣臭いとわくわくするようになったりしてますが(おいおい)



小さな橋を渡っていくと・・・



常念岳、蝶ヶ岳への分岐があります。いきなり急角度の登山道が伸びる常念岳方面へ行きます。



あらかじめネットでリサーチしていたので、わかっていたんですが、樹林帯の急登が延々と続きます。本当は三股~蝶ヶ岳~常念岳~三股のコースをとったほうが、早く稜線に出られていいんですが、その場合下りで、今登っているコースを使う事になり、かなり辛いらしいんです。
実際、登りでも足を大きく上げて登る箇所が多く、下りでは足にかなり負担がかかると思われます。



2時間ほど暗い森の中の急な登山道を黙々こなしていくと、段々明るくなってきました。



で、前常念岳が見えました~\(゚∀゚)/



振り返ると松本の街でしょうか?よく見えました。



眺めはよくなって、天気も最高で、楽しくなってきましたが、写真の様な大きな岩を乗り越えながら登るので、結構辛いです。それに、なんだかフラフラしてるんですけど?寝不足の上、結構登ったので高山病でしょうかね?前常念岳って何mだって?2661m・・・あああ、高山病ですねぇ(笑)



この後、縦走する蝶ヶ岳へ続く稜線も見えました。結構アップダウンがあるようです・・・確か2山越えるんだったな・・・それで、今回のコースの標高差は2000mちょいのようです。



今回候補にあがっていた鹿島槍ヶ岳も見えます。あっちに登っても天気は大丈夫だったようですな。今度行くから待ってろよ~!



ちょっと風が強いですが、稜線歩きは気持ちいいですね。



常念小屋への分岐。小屋へはかなり下るようです。



赤い屋根の小屋が見えます。その先は表銀座縦走路が続いています。気持良さそうですな~・・・。



ちょっと雲が多くなってきましたが、ここから常念岳へ最後の登りです。



こ~んな感じですな・・・ヒーコラ言いながら登りましたよ。



常念岳山頂(2857m)です。登山口からここまで3時間ほどでした。



ちょっと風があったので、ジャンパー着てますが、暑かったですよ。うしろのオジサンは半そででタオルですから(^^;



日帰りなので、先を急ぎます。だ~っと下って、何回が登り返しながら、蝶ヶ岳へと向かいますよ。



で、だ~っと下った場所です(^^;前方の尖ったのが蝶槍と呼ばれている山です。その先が蝶ヶ岳ですが・・・遠いですね。



途中で27名の団体さんを抜きましたが、大変でした(^^;



下っていくと、緑が多くなってきます。そろそろ紅葉もはじまってきましたかね?ちょっと色が着いてきてます。



で、下ったらまた登るわけです。気持いい登りだからいいですが、やはり足にはこたえますね。



常念岳を振り返ります。こうやって見るとカッコイイ山ですね。ちょっと山頂あたりにガスがかかってきてるのが気になりますが・・・。



と思ったら、こっちもガスが・・・雨も勢いよく降ってきました(泣)さらに、稜線に出ると・・・・・



ごおおおおおおおおおおおおおおおおおっ!∑(゚Д゚;)
って、写真じゃ伝わらないですが、物凄い風ですよ!私の人生で一番の強風じゃないでしょうか?え?お前の人生は逆風だろって?ほっとけっつーの!



ゴアのカッパが無かったら、凍死しますよ!いや、マジで!9月でこれなんだから、雪が降らなくても10月とかだったら危ないんだろうなぁ・・・。やっぱカッパの下も買おうかな~(持ってなかったんかいっ!)



なんとか蝶ヶ岳ヒュッテに到着、満員の山荘の外の風のあたらない場所で着替えて、とっとと下る事にします。本当は蝶ヶ岳で景色を見ながら昼飯のわけだったんですが、ヤメ!下山後のラーメンを楽しみにすることにしました。蝶ヶ岳山頂の写真も、買ったばかりのデジカメが濡れると嫌なので、上の写真でいいでしょう(^^;



下山道は風も無くて快適でした。ただ、途中雨が強くなったりして、カッパをきると汗だくになるのが辛かったです。



下るにしたがって明るく晴れてきましたが・・・蝶ヶ岳はあいかわらずなんでしょうな。山の天気って凄いよね。



蝶ヶ岳からの下山道は、休める場所も何箇所もあって快適でした。道も歩きやすかったです。登りでも楽しいでしょうね・・・ただ、常念岳からの下りを考えると、やっぱ帰りはコッチで正解でした。



こんなつり橋が登場すると、登山口もそろそろです。



いっちょまえに、結構揺れますよ(*´Д`*)



下は丸見えです(゚Д゚)

1時30分、無事に三股登山口まで帰ってきました。その後は着替えて、松本市内までダッシュ!塩バターラーメンと餃子で幸せを感じた登山でした。

三股(6時)~常念岳(9時)~蝶ヶ岳(11時30分)~三股(1時30分)合計時間、7時間30分(休憩込み)

五竜岳日帰りの時と時間は同じで、今回の方が休憩時間は少ないですが、何故か身体は楽でした。今回の方が上り返しが少なかったからですかね?

次はどのアルプスの山、日帰りしようかな('A`)

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年9月13日 (木)

にぎやかな水曜日の向野G

水曜日の休みですが、さすがにどこの山も雨模様のようで、今回は登山は断念しました。て、言うか、最近天気悪いですね~・・・期間が短いアルプス系の登山ですから、紅葉シーズンにはパーッと晴れてほしいですな。

で、午前中は家でゴロゴロ・・・午後からは雨も上がって晴れてきたので、夕方には向野へ。
水曜日はポイント練習をする人が多いこともあって、トラックでは、スピード水さんを中心にK会長、よしおじさん、H田さんらがインターバルなど、私は50分ほどジョグしたあと、キロ4分で5000mの予定が3000mで挫折(^^;

そのあとはダウンジョグしたりしながら、買ったばかりのデジカメで後から来たメンバーの練習を撮ったりしてました。


最近、上り調子、フルベスト2時間40分台、富士登山駅伝の出場経験もある、りんちゃんと。



インターバルも余裕でこなすO橋さん。



ん?やる気あるのか?(笑)ケンちゃん



わしのシューズに興味津々の、久々登場、スーパー君



やっぱ暗いと、ピントがぁ・・・・



と、思って一緒に走りながら、撮ってみました。おおっ!ピントが合うじゃんっ!でも、私の体がきついですよ(笑)



で、400m×10本のインターバルが終わって、ダウンしてから踏み台昇降の練習ですよ。やりますなぁ~。



中玉さん、差し入れの梨・・・ごちそうさまでした!


新しいデジカメの性能はナカナカですな。やっぱ携帯のカメラと違って使いやすいですし、高性能です(あたりまえ?)

あ~・・・来週は山いきてぇなぁ~・・・と思ったら、来週は水曜日仕事じゃんっ(泣)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

今後の予定

最近は、山ばっかりですが、マラソンシーズンも近いということで、今後の予定を立ててみました。

まず、ランの大会の予定ですが・・・

10月14日 真岡井頭マラソン 10キロ(エントリー済み)
11月 3日 那須塩原ハーフマラソン ハーフ(検討中)
11月 4日 足利尊氏公マラソン   ハーフ(検討中)
11月23日 大田原マラソン   フル(出場予定)

那須か足利か迷っていますが、今年は10キロ~ハーフ~フルという予定で行きます。
練習会は昨年に引き続き、高橋さんのホームグランド、10月7日の福祉村5時間走に参加します。

で、山ですが・・・(^^;

9月12日 北アルプスか東北の山
9月26日 北アルプスか東北の山

と思っているんですが、どうも今週は天気がイマイチのようで、北アルプスまで行って、先週の様なガスガスではなぁ~・・・というわけで、いちおう東北方面も視野に入れてます。
あまり天気が崩れるようなら、大人しく向野でペーランですかね?

10月の紅葉シーズンまで山に行くとして、候補は・・・

(北アルプス)
常念岳~蝶ヶ岳(三股より日帰り)
鹿島槍ヶ岳(大谷原より赤岩新道で日帰り)
笠ヶ岳(新穂高温泉より日帰り)

(南アルプス)
鳳凰三山(青木鉱泉より日帰り)

(東北方面)
会津駒ケ岳
安達太良山

などです。日帰りはどれもきつそうですが、しっかりランの練習をして日帰り登山に備えたいと思います(おいおい)
どなたかご一緒いかがですか?(いかないって?)
P1000061_6
高速日帰り登山(?)(^^;の図

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007年9月 6日 (木)

爺ヶ岳 登山記




9月ですね・・・比較的、軽装で安全に登れるアルプスの季節も、あと1カ月くらいでしょうか?10月~11月になると雪の心配がありますからね。

ちゅ~わけで、北アルプスの爺ヶ岳に行ってきました。

エクステラ後は「しばらく山は歩き(走り)たくない!」と思っていたんですけど、やっぱり1週間もすると、登りたくなるんですよ・・・・。

で、当初は先日の五龍岳から見えた鹿島槍ヶ岳にしようかと思ったんですが、大谷原からの日帰りだと先日の五龍岳日帰りに匹敵するような行程(CT16時間位?)なので、とりあえず今回、鹿島槍ヶ岳を眺めるだけと言う事で、扇沢から爺ヶ岳~冷池山荘までピストン(CT12時間)という計画にしました。

前日に確認した長野方面の天気予報は、晴れ後曇り。う~ん、平地は晴れても山はどうかな?晴天の予報でも山では午後にはガスが出てきますからね。
いつものように(?)、午前2時前に自宅を出発・・・北アルプスまでの5時間以上の運転も、なんだか慣れてきて、楽しんでますよ(アホか?(^^;)

深夜の群馬方面は、ず~っと雨で、ほんとに長野は天気になるの?ってな感じだったんですが、7時過ぎに扇沢手前の駐車所に付く頃には青空が出てきました。


扇沢手前の駐車スペース。登山口前に10台、橋を渡って写真の場所に40台ほどの駐車スペースがあります。この日はガラガラでした。


橋を渡って登山口へ向かいます。ちょっとぽつぽつと雨が落ちてきてしまいました。



橋の上から左を見ると、こんな感じ・・・山の上はやっぱり雲がかかってるようです。



橋を渡って左に曲がると、すぐに登山道入り口があります。なかなかカッコイイ看板ですな。さあ、頑張って登りましょうかね!



と思ったら・・・いきなりコレですよΣ(゚д゚lll)
豪華な写真入りで、恐怖心煽りまくりですよ。・゚・(ノ∀`)・゚・。
もう、熊鈴を鳴りやすい位置に移動して、鈴がよく鳴るように、ザック動かしまくりで登りましたよ(笑)



登山道(柏原新道)の序盤は、こんな感じです。最初は急登ですが、だんだんつづら折りで少し緩やかになってきますが、CTで言うと2時間くらいは同じ様な道が続くだけだと思います。ちょっと、筑波山っぽいですね。



退屈な樹林帯から抜けても、ガスガスでまわりの景色も全然見えません。同じ様な登山道を黙々歩くだけです。



おおっと!ちょっとガスが晴れて、登ってきた扇沢方面が・・・。


ズーーーーームあっぷっ!ヽ(`Д´)ノ
黒部アルペンルートの起点、扇沢駅ですな。



登るに連れて、ガスも増えてくるようです。なんだか調子が出ないな~、と思ってたら、登り初めて給水してないのに気付き、給水しました。結構蒸し暑いです・・・ちなみにTシャツ一枚です。



水平道・・・
あああ、ほんとに水平だ!
らくちんだ(*´д`;)



きっと断崖絶壁なんでしょうけど、ガスで見えないので、恐くありませんよ~~~~~だっ!(負け惜しみか?)



今日はゆっくり登ろうと思っていたのに、熊の恐怖(^^;と、ガスによる展望の無さでなのか、2時間かからずに種池山荘に着いちゃいましたよ。
で、こっちが半袖Tシャツで汗だくになりながら登っているのに、下山してくる人達、ほぼ全てがレインウェア(しかも上下)だったので、覚悟はしてたんですが・・・

稜線に出ると、案の定・・・


ごぉーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
物凄い風ですよ!寒いですよ!カッパ着ましたよ!
でも、まわりは真っ白ですよ(泣)

カッパを着て、手袋して防寒はバッチリなんですが、これから向かう爺ヶ岳方面なんて、これっぽっちも見えません・・・まわりの展望も当然ゼロですな。見えるのは数10メートル先の登山道のみです。
あまりにも風が強くて、何にも見えないので、帰ろうかと思いましたが、渋々ながら爺ヶ岳に向かって歩き出しました。



山荘近くの斜面、イイ感じです・・・晴天だったら、もっともっと綺麗なんでしょうけど。



ハイマツ帯の中を歩いていきます。このあたりは雷鳥が多いらしいんですが、この強風で出てきたら飛ばされちゃうでしょうから(^^;ハイマツ帯の中で大人しくしてるんでしょうな。



が、この鳥は頑張って飛んでました(ズーム撮影)・・・下界まで飛ばされるなよ(^^;



気持ちの良さそうな稜線も、真っ白では、ただ歩くだけの登山道になってしまいます。本当は展望も最高の場所なんでありますよ。



こうなったら、楽しみは・・・コレですよ。メシ!
腹減った~(*´д`;)



あ~、でも暖かい物が食いてぇ~・・・
ラーメン食いてぇ~・・・
というわけで、爺ヶ岳、南峰(最初の写真)は踏んだので、撤退です(^^;



そーそー、大会で初履き以来のコンチネンタルディバイドですが、ばっちりでしたよ。下りもガンガン快調でした。登山として考えると、軽くて最高のシューズです。




今回は景色が撮れなかったので、花撮ってみました。
黄色い花(^^;オイオイ


雫が付いた花(なんじゃそりゃ・・・)


青・・・紫ですな


白いです(わかるって(^^;)


ピントがずれてますが、ピンクです(なにっ?)


下山は速攻で下り、登山時間は休憩込みで4時間30分ほどでした。
北アルプスまで来て、4時間30分じゃ勿体ないような気がしますが(移動時間の半分にもならんっ)、晴れたときのありがたみが分かるようになったんじゃないでしょうか?(ものスゲー前向きだな(^^;)

帰りに食べたラーメンは最高でした!


帰りは、また土砂降りかよ・・・ヽ(`Д´)ノ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »