« 日光五色山登山記 | トップページ | ふたたび五竜岳へ・・・ »

2007年8月13日 (月)

五竜岳 登山記


八方尾根、八方池から白馬三山

8月8日(水)の登山記です。

腰が痛くて走れないながらも、先週は日光の五色山までの登山が出来たのは、精神的にも大きくて、腰の痛みも毎日僅かづつ良くなってゆく感触もあり、また山に行きたくなりました。

走るという事は、先週の3キロほど走った時の激痛のこともあり、あれから走ってないですが、徐々に回復している感じもあって、思い切って北アルプスまで足を伸ばすことにしました(のばしすぎだろ!)

行き先は色々検討した結果、北アルプスの入門コースと言われている八方尾根からの唐松岳~五竜岳に決定です。

(注) 入門コースということですが、日帰りでは唐松岳までです・・・念のため。五竜岳までのピストンは1泊2日が普通です。

黒菱平駐車場~八方池~唐松山荘~白岳~五竜山荘~五竜岳(2814m)のピストン・・・標準コースタイムは片道7時間の、往復で14時間くらいでしょうか?

自分としては昨年の南アルプス、夜叉神峠から鳳凰三山日帰りと同じ位の感じかな?と思っていたんですが、昨年と違い、落ちた体力だったのを考慮していなくて、いやはや大変きつい山行となりました。

自宅は夜中の1時30分出発、軽井沢~長野~経由で7時頃には八方尾根の黒菱駐車場に到着。ここにはリフトがあって、すでに動いていましたが、リフト脇の登山道から歩き始めます。


黒菱駐車場へ続く道。北アルプスの山々が綺麗に見えてきました。

リフトを使えば、八方山荘まで何分もかからないのですが、まだ気力充実してますから、コースタイムで40分の登山道をサクサク登っていきます。


リフトで登っていく人々を横目に、整備された登山道を登ります。ちょっとガスってますけど、上に行くにしたがって晴れ渡ってきました。


リフトの終点からは、唐松岳に向けての登山道になります。右には白馬の山々が綺麗に見えていて感動ものでした。登山でなくても、リフトでここまでこれるので観光でもいいかもしれませんな。


気持ちのいい登山道を登っていくと、今回の行き先、五竜岳が見えてきました・・・・・あ、あれ?遠いんじゃないの?


途中には、雪渓も残っていました。ここで雪遊び?したり休憩している登山グループもいました。


唐松岳山荘手前の道です。おおっ!スリリング!と思いましたけど、この後の、五竜岳まで続く道に比べれば、なんでもない場所なんですよ・・・いやほんと。


唐松岳山荘までは2時間弱で到着、先を急ぎます。で、そこからの危険な鎖場なんですが、カメラの調子が悪く、写真を撮ったんですが、消えてしまいました。まあ、上の写真の上のほうから歩いてきたということで、想像してください(^^;


こんな場所は気持ちよく歩けますな。


が、なんと言っても距離が結構あるんですよ・・・アップダウンも多いし。後が唐松山荘がある唐松岳です。


登り始めて3時間弱・・・すでにヘロヘロ状態で、五竜岳山荘へ到着です。山荘の先には五竜岳へ続く道が見えます。コースタイムでは山頂まで1時間ほどなので、元気なら30分くらいだな・・・と思ったんですが、ボロボロなので1時間以上かかって登りました。
感覚的には、富士登山競走の8合目関門をぎりぎりで通過するも、絶対に完走できないペースになったような感じです(意味不明)


五竜岳山頂(2814m)すでに頂上でボロボロです(笑)

が、日帰りですから、頑張って下山しなければなりません。で、頑張って下山しても、家まで車の運転が5時間以上あるなんてことは・・・・・忘れましょう(^^;


唐松岳山荘に向けての厳しいアップダウンが疲れた身体にこたえます~。

それからが大変でした。右足の太ももの横(?)がつったと思ったら、左足の同じ場所もつるし・・・初めてですよ、こんな場所つったのは。くだりの登山道でも、普通は転ぶ時はお尻から転ぶんですが、前から転びましたよ・・・道にダイビングですよ(泣)

そんなこんなでズタボロになりながら・・・

やっとのことで、リフト乗り場まできて、あとはリフト脇の登山道を下れば駐車場です・・・・・

と・・・



えっ!?


おいおい(^^;

すいません・・・もう足が限界でした。

無事2時30分、駐車場に帰ってきました。合計7時間ほどの登山となりました。

それから、帰りに食べたラーメンが旨かったこと・・・。
夜のビールも当然ながら最高でした!

|

« 日光五色山登山記 | トップページ | ふたたび五竜岳へ・・・ »

コメント

お久しぶりです。
いい景色ですね、山は天気もよく最高でしたか?
向野に入部して約半年、陸上のイロハ?を、みんなとの話やブログから沢山得ることができます。
新参者ですが、お互いこれからも仕事中は事故などには十分気を付けて、また記録を狙っていきましょう!!


投稿: のっぽ | 2007年8月13日 (月) 19時19分

GOAチンさんこんばんは。ブログ並びにランニング・山復帰おめでとうございます。とても嬉しく思います。
今回はとても景色の良い山に登りましたね。標高も高いし、黄色くなりそうです。それから、また練習お願いします。まるさんが言っている富士登山対策会議にも同席させて下さい。教祖様の教えを戴きたいです。
(追伸)
近さん宅のテレビの同軸配線が壊れたようです。GOAチンさんを探していましたのでご対応お願いします。併せて近さんの体重減少対策アドバイスお願いします。 

投稿: Funa | 2007年8月13日 (月) 21時47分

GOAチンさん、こんにちは。
山となると、元気ばりばりですね。良かった。良かった。
八方尾根ですか~。懐かしいです。
スキーにはまっていたときは、八方尾根と志賀高原を1日で早朝からナイターまではしごをしましたよ。
若かったです。
私も、自分の時間が取れるようになったら、お供させて下さいね。

投稿: まる | 2007年8月14日 (火) 18時10分

(のっぽさん)

おひさしぶりです。足の調子はどうかな?山は最高でしたが、下界は暑いですね~・・・しばらくはゆっくりジョグで夏を乗り切ろうと思います。

(FUNAさん)

庚申山練習、お疲れさまでした。夏は山の練習が涼しくていいですよね。私の行った北アルプスは、遮る物がなくての晴天だったので、暑くて大変でしたが、風が吹くと爽やかで最高でした。反省会やりましょうね。

(まるさん)

実はこの記事と同じ場所に、また今週も行ってきました(^^;・・・今回はK親子さんと一緒でしたが。
今回は先週よりゆっくり登った(といってもほとんど同じ7時間登山でした)ので、2週連続でも、最高の登山でしたよ!

投稿: GOAチン | 2007年8月15日 (水) 17時13分

今日は、元気なお姿を拝見し安心しました。でもまだ病み上がりですから無理せず大事にしてください(私も以前少し腰をやったことがありまして)
 でもこのような山の写真をみてしまうと、またトレイルランナーになってしまいたい気持ちになりますね。3年前は、高尾山や奥多摩の山々を走っていたことを思い出します。走りこみの時期になったら、高尾山あたりに足を運んでみようと思います。

投稿: 赤☆ | 2007年8月15日 (水) 22時46分

赤☆くん、こんにちは

私も、ひさしぶりに赤☆くんの物凄いスピードを見せていただきましたよ(^^;
ボウズさんと一緒にキロ4分をきって走る横を、追い抜かれた時は風が吹いたようでしたもん。

トレランもいいですよ~・・・特に夏は。最高の景色を見ながら、下界より涼しい山で走るのは気持ちいですからね。

しばらくは腰をいたわりながらですが、向野でこれからもよろしくです!

投稿: GOAチン | 2007年8月16日 (木) 11時05分

昨日はGOAちんさんの元気な姿を見られて良かったです。(駐車場のGOAちん仕事号を見てオオ~!!)
腰を労わりつつ、また、ペーランの毎日つーのはどうかな。壊すなてっか・・・
これからも楽しくやりましょう。
復帰のお祝いはいつにしますか、暫は月曜日以外いつも空いてます。

投稿: 山ちゃん | 2007年8月16日 (木) 11時38分

山ちゃん先生、こんにちは!

やっぱり向野は、みんながいて、頑張っていて、活気があって最高ですね。こんな場所で練習できて幸せですよ。飲むのは何時でもオッケーです・・・暫くの生ビール飲みてぇなぁ~(^^;

投稿: GOAチン | 2007年8月16日 (木) 15時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106024/16099173

この記事へのトラックバック一覧です: 五竜岳 登山記:

« 日光五色山登山記 | トップページ | ふたたび五竜岳へ・・・ »