« 富士山再び! | トップページ | 富士山登山記(その2) »

2005年9月 2日 (金)

富士山登山記(その1)

もう・・・未だに筋肉痛です((((゚Д゚;)))イタイ

富士山に登るには4つのルートがあります。富士登山競走で登ったコースは「吉田口」と言って、富士吉田から山頂までのコースですが、ここの5合目からのコースが「河口湖口」と言って一番人気の登山コースになります。

比較すると・・・

コース  新五合目(5合目)の標高   山頂まで  下り  時間(登り)時間(下り)

河口湖口  2305m(山頂まで1400m) 5,8k   3k   5時間30分 3時間
富士宮口  2400m(山頂まで1300m) 3,7k   3,7k 5時間 2時間30分
須走口    2000m(山頂まで1700m) 5,5k   6,1k 5時間30分 3時間
御殿場口  1440m(山頂まで2300m) 9,4k   7,6k 7時間30分 3時間

こうやって比べてみると、御殿場コースだけダントツで辛そうなのがわかります・・・最短の富士宮コースと比べると標高で1000m、距離でも6kちかく長いです。

k親子さんが言うには・・・

k親子「距離が長いから登る角度が緩やかなんすよっ!楽勝でしょう」

って、違うような気がするぞ(^^;

とにかく今回はこの「御殿場コース」に挑戦です。
朝3時に茨城を出発して、6時すぎには御殿場コースの新五合目の駐車場に到着です。
おおっ!この場所はこないだテレビで見た「富士登山駅伝」の中継場所ではないですか・・・・そうなんです、この御殿場コースは「富士登山駅伝」のコースでもあるんです。下りのコースは大砂走りと言って、駅伝選手が転げ落ちるようにたすきリレーをする場所も走れるんです(わくわく)

が・・・まあ、夏休みの最後の日だからこんなもんなのか?駐車場には車が2台しかありません(^^;このコースは不人気とは聞いていましたが、これほどとは・・・・・gotenba1

ガラガラの駐車場

富士山は雲に隠れてほとんど見えない状態でした。

トイレを済まし、そそくさと着替えて6時30分出発します!小雨模様な天気なので、長袖Tシャツにベスト、ロングタイツの上にブレーカーで靴はゲルフェザーです。10リットルのディバックにはユニクロの500円カッパとブレーカーの上着、タオル、500mlのボトル2本差しで、ゼリー&お菓子&ようかんも入れました。

ざくざくと河口湖口の砂よりは硬くて黒い砂地の登山道を螺旋状に登って行きます。
K親子さんが言っていたように一見傾斜が緩く見えますが、それにしては体がキツイような気がします。おまけにどんどん登っても景色が全く変わらず・・・それにガスで周りは真っ白になり、晴れていれば常に下界の展望が望める御殿場口の良さもありません。

GOAチン「う~ん・・・なんだか火星みたいだね」

k親子 「火星いったことあるんすかっ?」

疲れからか、k親子さんの「ツッコミ」も冴えません(笑)

出発前は2人とも「楽勝ムード」が流れていましたが、このあたりから「全然楽勝じゃないような気がするムード」に変わっていきましたΣ(゚д゚lll)gotenba2 gotenba3

なんだか予定と違うんじゃないか?と戻るに戻れない2人・・・・

登り初めてから、1時間が過ぎ、2時間が過ぎても、途中「6合目まで2時間」とか「7合目まで4時間」とか・・・わけのわからない看板が登山意欲を削いでいきます。そう、このルートは何合目とかの看板が無いんですよ。これにより自分が今どの辺まで登ったのか?残りはあとどの位なのか?とかがまったくわからないので、よけい退屈と言うか、やる気が出ないんです。それに山小屋も8合目まで無いので休憩の目安がわからないです。

それと、このコース、やっぱり不人気なのかキツイのか・・・人に会いません(^^;
登り初めて30分ほどで2人組の若者が下山してきてすれ違っただけです。

で、ほとんど泣きそうになりながら登ってると7合目と書かれた閉店している山小屋に到着しました・・・もう2時間30分は登ったでしょうか?う~ん、当初の予定では3時間で登れるかな?なんて言ってたんですけどね・・・やっと7合目なんですね・・・なめてましたね・・・すいません(涙)gotenba4

やっと7合目ですよ・・・すでに3回目の休憩です。

あとでわかったんですが、スタート地点の新五合目は、実質2合目なんだってねΣ(゚д゚lll)エーーーーーーッ!

細かい砂地から、小さな岩が混じってきて傾斜もだんだんキツクなってきて、k親子さんも「いつもの高山病」でヘロヘロ状態で遅れ始めます。いつも練習のインターバルとかでは勝てないので、今日も知らんぷりしてドンドン先行します(おいおい)

と、登り初めて3時間で、やっと開いている山小屋「赤岩八合館(7合9)」に到着です。山小屋のおばちゃんが・・・・・

「ここまで3時間ならアンタ等はやいよ~」とは言われましたが、「そうですか~っ!」とか言って威張る元気がまったくありません(^^;素直に「つらいですよ~」と、言いました。gotenba5

ここでは200円はらってトイレを済ませました。

便座が暖かくて気持ちよかったです(^^;

さあ、やっと8合目まで来ました。富士登山競走の時の8合目関門からなら、ヘロヘロでも1時間はかからないですから、もう頂上も近いはずです。

山小屋のおばちゃんも

「アンタ等なら30分もあれば頂上までいけるよっ!」

と言ってました・・・よ~しっ!あと一踏ん張りだぜっ!

・ざくざく・・・はぁはぁ

・ざくざく・・・ぜーぜー

・ざくざく・・・へぇへぇ

って、とっくに30分すぎてるんですけど・・・・・(゚Д゚;≡;゚д゚)gotenba6 gotenba7
岩がゴロゴロ登山道

気圧の関係でパンパンに膨れたお菓子と、トボトボ歩く高山病のk親子さん(笑)

あああ、疲れたので今日はこの辺で・・・続きは明日(かな?)

|

« 富士山再び! | トップページ | 富士山登山記(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106024/5753550

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山登山記(その1):

« 富士山再び! | トップページ | 富士山登山記(その2) »