2017年6月25日 (日)

古賀志山

Dsc_0118

近くて楽しい古賀志山です。最近は筑波山よりこっちに登ってます・・・筑波山のように観光地化してなくてまったり過ごせるのがいいです。標高は筑波山が877mに対してこちらは582mになります。

宇都宮森林公園の駐車場から 赤川ダムを通って登山口へ向かいます。

Dsc_0119

ダム湖の周りは非常によく整備されていて、バーベキュー場や公園があって家族連れが楽しそうに過ごしています。

Dsc_0120

数ある登山ルートの中で今日は東稜ルートを登ります。

Dsc_0121

気持ちのいい森の中を登って、歩いていきます。この山は明瞭な登山道もありますが、なにしろ枝道(?)めちゃくちゃ多いので、興味本位で色々探索したりするととんでもない場所に出ることもしばしば・・・・。

それがまた楽しいというか苦しいというか(汗)

Dsc_0122

とりあえず山頂に寄ってから、北コース方面へちょっと下り中尾根コース方面へ向かい、見晴らしのいい伐採地で休憩します。

Dsc_0123

Dsc_0124

ちょっとだけアルプスの稜線ぽくってお気に入りです。

Dsc_0125

そのあとは中尾根コースで下山します。

Dsc_0126

眼下に赤川ダムが見えます、まだまだ遠い・・・ここのコースは距離があるのでしっかり歩けます。

Dsc_0127

たまびは休憩しながら。。。。。

Dsc_0128

こんな岩場を・・・

Dsc_0129

頑張っておりていきます。

Dsc_0130

けっこう・・・・

Dsc_0131

こわいっすよー!

Dsc_0132

で、ここまでくればもう大丈夫

Dsc_0133

北コースの工事中の場所にでて

Dsc_0134

降り出したにわか雨のシャワーを浴びて駐車場まで帰ると、雨はやんでました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

お気に入り

Dsc_0106
最近お気に入りの山です、もう3回くらいいったかな?めちゃ楽しいっすよココ。
夏のジャンに備えてトレーニングになるかな・・・。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雲取山

Dsc_0113
5月14日に今年2017年に大人気(?)の山、標高2017mの雲取山に登ってきました。
あまり下調べなしに家から近い登山口からの登山でしたが、山頂まで10キロ以上の距離と結構なアップダウンに苦しみました。
Dsc_0111
今回も相棒は花道さん。詳しい登山記は左下のブックマークの花道さんのブログでどうぞ(手抜き?(-_-))
Dsc_0108_2
10年ぶりくらいにザックを買いました。メーカーは同じオスプレーのケストレル28です。
今まで使っていたタロン22より容量と機能が増えて快適ですな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

大キレットから穂高岳へ!2

もう2017年ですが・・・さらにもう4月ですが、去年の夏の記事の続きです(汗)
1470870181143_9
ヒーコラ言いながらなんとか本日の宿泊場所の南岳小屋に到着、目の前には明日いよいよ挑戦する大キレットの全容が見えています・・・うーむ凄い・・・。
 
1472972497283_2
ちょっと高山病ぎみですけど飯食って酒飲んで寝ればなおるでしょう。明日の作戦会議もかねて乾杯します。
1470870175263_2
槍ヶ岳もちらっと見える最高のロケーションでした。美しい日の入りに感動して明日に備えて寝ます。
 
1470870192070
次の日、起きてみたものの体調は最悪でした。昨日からの高山病で体がだるく頭痛もします・・・それとは反対に花道さんは絶好調、ちょっと槍ヶ岳まで往復してくると言って走り去っていきます。
まあ、せっかくここまできたのだからいかなくちゃ!と大キレットに足を踏み入れます!
・・・・・・・・・・・・・・・・・
うはっ!
なにこれ!
さいこーーーーーだぜっ!
あっという間に高山病治りました(笑)
 
1470870212284
天気もいい!
 
20160823_141631
ネットで見た場所も次々現れます
1470870202535
高山病?なにそれ?
1471928550320
 
柳さんと2人でずんずん進みます
1470870238086
 
長谷川ピークにて
1471928618153
南岳を振り返ります
1471928631773
最高だぜっ!
。。。。が、そのころ花道さんは・・・
1472972144306
 
まだ、槍ヶ岳往復中でした(大汗)
 
1470869654595
もう大キレットも終盤に差し掛かるころ花道さん合流。
1470870233522
北穂高小屋にて・・・生ビールと槍ヶ岳
うーむ美しい
1470869648165
このあとの下山が辛かったけど、最高の1日でした。
お二人ともありがとうございました!
 
今年の夏にはジャンダルムお願いします!
 
 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

大キレットから穂高岳へ!

いやはや遅くなりました。。。ってもう11月ですけど、8月の9日~10日と毎年恒例の北アルプス登山に行ってきました。
 
昨年の槍ヶ岳登山メンバーで今年も行こうぜっ!と言っていたアキラくんは結婚で8月11日の山の日に入籍するということで、大キレットなんて危険な場所に連れていけない!(というか忙しくていけない)のでパス。
 
高速トレイルランナーのよーしさんも仕事で行けず、花道さんと柳さんと3人になりました。
相変わらずの寝不足で朝方前に新穂高温泉の登山者用駐車場に到着するも満車で駐車できず、ちょっと遠い鍋平の駐車場まで移動して出発準備します。
ここからだと30分くらい下山(帰りは登山になる・・・泣)してやっとスタート地点の新穂高温泉なので体力的に辛いかも?
 
そこからは槍ヶ岳日帰り登山でも歩きましたが結構長い林道歩きになります。林道終点の沢で顔を洗いつつ休憩します。
1470869662486_4
林道から登山道に入り緩やかに登っていくと槍平小屋に到着・・・ちょっと休憩して急登で有名な南岳新道を登っていきます。
1478412525390
昨年に引き続きで同行のお2人・・・お世話になります。
 
 
1472972435120_2
そうそう、今回は記事で書いたアディダスのテレックスを履いていきましたが北アルプスでも全然大丈夫でした・・・というかトレランシューズより重いけどしっかりしてるのでコッチのほうが断然いいです!特に大キレットでは安心感が違いましたよ。ちなみに心配だったのでトレランシューズもザックにぶら下げていきましたが山小屋周辺でしか履きませんでした(汗)
 
1470869650344
南岳新道は噂通りの手強さで寝不足の体にはこたえます。前を行く花道さんからどんどん離されていきます・・・さらに自分の後方には柳さん・・・3人できたのに何故か3にんとも単独登山状態になってます(笑)
つづきは執筆中。。。。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月23日 (火)

大キレットから穂高岳へ!近日公開予定(汗)

1470869648165_3
1470870186232_4

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年5月29日 (日)

TERREX SCOPE MID GTX はいてみた

1464499593050.jpg

写真は筑波高原キャンプからのながめ。

いゃぁ~、なんというか当たり前ですがトレランシューズとは別物ですね。
まずソールがかたい、トレランシューズのようにグニャッてまがりずらいです、
まあ安定感はありますが。

あとはやっぱり重いですかね、これはがっちりしているぶんしょうがないですけど。登りはがっちりしているからなのか気持ちいいくらいガンガン行けます!


ただ、まだ履きなれていないからなのか、何ヵ所かあたって痛くなる場所がありましたが(特に下り)なれてくれば大丈夫かな?

つぎは日光あたりで履いてみっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

TERREX SCOPE MID GTX

新しい山用ののシューズを買いました。と言っても今回はトレランシューズではなくて登山用のシューズです。

さらに登山用でもちゃんとした(?)登山靴とは違うかな、トレッキングシューズに分類されるようなものですかね。

最近流行のハイスピード登山に対応した軽い登山シューズと言った感じでしょうか。


1461643321419.jpg
アディダスのテレックススコープミッドGTX ステルスラバーアウトドアシューズ(長い!)です。

ご覧のようにミッドカットなので走れないと思います、と言うか今履いているモントレイルのマウンテンマゾヒスト2でも走ったことないですから私(汗)

で何故ミッドカットにしたのかと言うと、やっぱカッコいいからですかね。それとこないだ丹沢に登った時に残雪やらドロドロの登山道でシューズに浸水してしまい非常に不快にだったので、そのあたりも考えました。ゴアテックスで防水性もあるのでいい感じだと思います。


1461643323284.jpg

ソールはクライミングシューズなんかで有名なステルスラバーという素材を使っているようで岩場に強いらしいですので、今年挑戦しょうと思っている大キレットでも活躍してくれるかな?と期待しております。


1461643325004.jpg

あとはチェーンスパイク履いて残雪の春山や夏の雪渓歩きも大丈夫だと思いますので行動範囲が広がるとうれしいですな。

まずは筑波山か日光で足慣らしですからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

ランキーパー

面白そうだし有名なので使ってみたんですが、凄いですねコレ!ランニングの世界も進歩してるんだね~。

って、今頃驚いてるのって俺だけ?


スマホを持って走れば、距離&ペース&カロリーなどがリアルタイムでわかってGPSで地図上にも記録が残るなど、昔から考えれば夢のようなアイテムですよね。しかも無料で使える(有料の機能もあります)


1460348748502.jpg
さらにビックリしたのが、1キロごととか5分ごとに音声でペースや距離を女性の音声で教えてくれるんですよ。
ちょうど近くにいたウォーキング中のおじさんがキョロキョロしてましたよ(笑)


1460348749339.jpg

標高とかも記録するみたいなので登山にも使えるのかな?バッテリーの問題があるから充電用のバッテリーは必要になるでしょうけど、使ってみたいですな。

これから暖かくなるとジャケットのポケットにスマホってわけにはいかないから、腕につけるバンドが欲しくなりますね。

まあ、そんなに走るのか?って言われると、どうでしょう?って感じてなんだけどね(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

丹沢山登山記

1458825786348.jpg
蛭ヶ岳に続く稜線から見る丹沢山

3月23日に丹沢山に登ってきました。

雪山には登らない身にしては、11月から5月くらいまではアルプスはもちろん日光も登れなくて今までは筑波山ばっかりでした。

でもこの時期ガッツリ山登りがしたいと思い、雪が無いのをネットで確認して丹沢まで思いきって足をのばしました。

予定のコースは塩水橋からのルートで丹沢山~蛭ヶ岳をピストンする片道11キロのロングコースを考えていたんですが、寝坊&駐車場の誤算&体力の無さ(汗)で蛭ヶ岳まで3キロの地点で撤退となりました。

蛭ヶ岳まではなんとしても行かなくちゃならなかったんですが、、、


1458825788229.jpg
6時には登山開始と思い、3時には自宅を出発するつもりが2度寝してしまいなんと出発は4時30分。この時間では当然途中で通勤ラッシュの渋滞にはまり、塩水橋の登山ゲートについたのが8時30分。
北アルプスまでの時間とたいして変わらないじゃん!(泣)

でさらにここで思わぬ誤算が、、、

林道の工事をしているらしくてネットで確認した駐車スペースはほとんど工事車両で埋まっていて、わずかにあった8台くらいの駐車スペースもすでに先行の登山者の車でいっぱい状態。

しばらくうろうろして、なんとか駐車スペースを見つけて9時ちょうどに登山開始!この時点で蛭ヶ岳までは無理かな?と考えつつ12時をタイムリミットにして引き返すことにしました。


1458825790067.jpg
このコース、丹沢山までの最短コースなんですが最初は林道を5キロ、標高は350メートルほど登った登山口まて歩いて行きます。
時間にして1時間15分ほど、、、こんなに林道を歩いたのは槍ヶ岳日帰り以来です。
しかも丹沢山に登るにあたって1週間前から超久々に1日5キロ走ってみたら、3日目にして腰がいたくなり、何だか逆効果。すでに体がヤバいです。


1458825791486.jpg
10時15分、登山口がある目印の雨量計の小屋に到着、ちょっと給水してここから本当の登山のはじまりです。

1458825793027.jpg
こちらが登山口、丹沢山山頂まで3キロです。

1458825794862.jpg
何だか最初は筑波山をスケールアップしたような登山道です。って、よくわからないですね。


1458825796740.jpg
親切なくらい何度も案内板がありました。

1458825798548.jpg
ちょっと開けた場所も時々もあったりして飽きない登山道です。

1458825800298.jpg
小さな堤防の上を渡ったりもします。

1458825802034.jpg
このあたりから急登が多くなりぐんぐん高度をあげていきます。
残雪も出てきました。


1458825803978.jpg
丹沢山域全般に言えるようですが、こういった階段が多いようです。ちゃんと整備されてるんですな。

1458825805895.jpg
なんと立派な(?)鎖場もあります。
ストックが邪魔で片手で登りますが、非常に危ないですな。ザックにつけるとか考えなくちゃ、、、タロンにはストック取り付ける場所がないんだよな、、、ケストレルやっぱ買おうかな?

1458864742667.jpg
登ってきた尾根を振り返ったところです。寒くはないんですがスッキリとは晴れてくれません。

この先の急登で有名人の丹沢チャンピオンにお会いしました。この時は「もしかして?」と思いつつ挨拶だけして先行させていただいたんですが、山小屋への物資でしょうか?たくさん背負ってました。
で、下山でもすれ違ったので勇気を出して声をかけて見るとやっぱり本人でした。丹沢5000会登頂の名刺をいただきました。大倉尾根だけじゃなくてこちらからも週に1日は登るそうです。

「今日3回目だょ~」って言ってました。

重い荷物を背負って凄いですな。

1458864745242.jpg
長袖のシャツ1枚ですが汗が吹き出します、頭にタオルを巻いてそろそろラストスパートかな?


1458864747075.jpg
おおっ!この景色が見えたらもうすぐゴールのはず。


1458864749113.jpg
残り200メートル、ここからは平坦で楽チンでした。


1458865434135.jpg
100名山、丹沢山頂到着!時刻は11時30分、スタートから2時間30分でした。
山頂からの富士山です。山頂のプレートも撮影したんですが何故か写っていなかった。他にも何枚かあったのでスマホのカメラの調子が悪いようです。もう3年だからそろそろ買い替えかな。

1458870942672.jpg
とりあえず蛭ヶ岳に向かうことにして急いで昼飯にします。今回は軽量化のためバーナーとラーメンはもってきませんでした。


1458870943673.jpg
蛭ヶ岳まで続く稜線は何度ものアップダウンがありタフです、、、しかしそれとは別にも、、、


1458870944454.jpg
雪解けの泥まみれの登山道がたいへんでした。防水じゃないトレランシューズは水がしみこんで冷たいです。

そして、タイムリミットの12時がきました。
丹沢山から何度かのアップダウンを越えて3キロの蛭ヶ岳はまだまだ遠かったです。

丹沢山頂までもどって12時45分、下山しました。

登山口には3時すぎに到着、気持ちのよい汗をかき、程よい疲れを感じて帰路につきました。

できれば丹沢名物の山ビルが出る5月頃までにもう一度チャレンジしたいなと思っています。


今度こそ、蛭ヶ岳のその先まで、、、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«残雪の筑波山